履歴書の書き方

選考においても、面接の場面でおいても重要な履歴書。ここでは、効果的な履歴書の書き方を紹介します。

ホーム > 履歴書
面接 メニュー
面接の技 検索
履歴書

履歴書の書き方

新卒採用などの場面では学校の名前が入っている、生協等で販売されている履歴書が望ましいといえます。転職者についてですが手書きであれば市販されているもので自分の書きやすい内容のもので構いません。

ワード等を使用するのであれば雛形は数多く提供されていますので一部を自分の使いやすいように改良すればより良い履歴書ができます。

我々は、履歴書の重要度は決して高くないと考えています。形式としてこれ以上動かしようが無いものです。ですから、最低限のルールにのっとって記述していれば大きな問題は無いのです。

・手書きの場合修正液を使わず楷書で記入する
・ワード等を使用する場合は一般的なコピー用紙ではなく分厚めのインクジェット紙を使用する
・日時欄は提出日の前日が望ましい
・履歴書の使いまわしをしない

上記のような、最低限のルールが守られていれば問題ありません。そもそも、最近の就職活動はWEB上でのエントリーが主流となっています。

WEBエントリーから始まる就職活動であれば、求人媒体によって様々ですが、スキルシートやキャリアシートといった名目で履歴書と同等以上の情報を記載してエントリーするわけで、企業や採用担当者は履歴書を受け取る以前に応募者の情報を得て、それをもとに選考を開始しているのです。

ですから、履歴書を提出する場面の多くは面接ということになり形式的なものとなるのです。実際は雇用に際して写真付き履歴書の保管が必要になるので企業にとっては意味のあることですが内容をどの程度重要視しているかといえばそれは決して高くないのです。

履歴書の作成

ワード等で履歴書を作成するか、手書きの履歴書にするかは、皆さん悩むところではないでしょうか?

新卒者の就職活動は手書きの履歴書かが良いでしょう。当然学校の生協などで売っている学校名の入った履歴書が望ましいといえます。

問題は、転職時の履歴書です。先に断っておきますがこれについては私自身明確な答えを持ち合わせておりません。

ワープロか、手書きかは社風、採用担当者の考え方に大きく左右され合否にも少なからず影響を与えるでしょう。非常に無責任な記事になりますが臨機応変に対応されるのが一番です。


参考までに人材エージェント時代のエピソードをひとつ
ある企業に候補者をお連れしたのですが、今時手書きの履歴書はありえないと一蹴された経験があります。
また、その逆に手書きじゃない履歴書なんてと指摘を受けたこともありました。
もちろん両者とも私の力不足で、事前のリサーチが足りなかっと言えばそれまでなのですが、手書きの履歴書を否定した企業はゼネコン系の割と古い体質の企業で手書きが望ましいかと考え、手書きの履歴書を求めた企業はベンチャー色の強い若い企業でした。

私であれば、手書きをすることでアピールできることがあるのであれば手書きの履歴書。そうでないのなら、ワープロで履歴書を作成します。

具体的には、字がきれいであるならば手書きの履歴書でも良いかもしれません。私は上記のような経験がありますのであまり気にしませんが、手書きの履歴書の字がきれいであればそれはそれなりの評価へとつながります。

ただし、職務経歴書はワード等で作成することが望ましいといえます。私が履歴書を見るときは内容ですし、字が汚くても丁寧に書いていることが汲み取れればそれはそれで構いません。

無難な履歴書はワープロで作成したものといって良いのかもしれませんが・・・。