面接で差をつけるには

面接では短い時間で担当者にどれだけアピールできるかが勝負です。やる気や興味を示すためにメモを取りましょう。

ホーム > 面接ではメモを
面接 メニュー
面接の技 検索
面接

面接ではメモを取る

面接時、相手の目を見て話す(複数担当者がいる場合はそれに均等に視線を送りながら)、そして話している人間の目を見るというのは常識ですね。

意外とできている人が少ないのでひとつ。話を聞きながら、メモを取ってください。手帳を広げてポイントを羅列しておいてください。

これは、面接の内容から質問するときにも役立ちますし、何よりも高評価につながるものです。「メモが上手な人は仕事ができる!」的な書籍もありますしね。

世間一般の目がメモをどう見ているかというと、人間は忘れる生き物で上手にメモを活用している人は仕事ができるというような風潮があります。私はこのメモが苦手でそんな風潮にも否定的でした。

とはいえ、私も自分なりですがメモを活用しています。うっかり忘れを防ぐこともできますしスケジュールの組み立て等にも便利です。

私が、何よりも重宝しているのは「言った言わない」の話になったときの解決策になるのです。人間の記憶はあいまいなものですし。言った言わないをはじめてしまうとどうしても収拾がつきません。私のメモではこうありますというのはそれなりに説得力があります。そしてここ一番というときはボイスレコーダーも活用しています。

面接でも、実際に仕事についてもメモを取るということがマイナスになることはありません。言った言わないは本当にわずらわしいですから・・・。皆さんも経験があるのでは?

趣旨はずれてしまいましたが、面接のときにメモを取ってください。当たり前のようでできている人が少ないのです。