面接での質問

面接で避けて通れない質問。その回答が合否を大きく左右します。質問に対する正解とは。

ホーム > 行動派?指示待ち派?
面接 メニュー
面接の技 検索
面接

面接でアピール

面接で、「私は自分で考えて行動するより、指示されたことをこなす指示待ち人間ですと」アピールすることは問題ですが、少なからず私は指示待ち人間を否定しません。

そして、企業としても自主的に考えて行動することが望ましいという建前はあるもののしっかりとしたノウハウがあるのであればそれに従ってきっちりと結果を出してもらったほうが効率的なのです。

契約にある決められた仕事しかしませんというスタンスも雇用されるという意味では間違えでは無いと考えます。

とはいってもなかなか通用しないのが現実です。仮にそうであっても、ある程度の自主性があると面接ではアピールするべきでしょう。与えられ、指示されたことを、きちんとこなすのであれば、自分で考えて行動して結果が出ない人間よりも遥かに高評価を受けるべきであると私は考えます。

営業職に多いのですが、とにかく「売れ売れ」的な企業は、大した営業戦略も無く自主的に考えて動けという指示が多いようです。 経験上、営業系の職種で自主性を強調する企業は少し注意したほうが良いかもしれません。

というのも、会社自体がその営業に関してこれといった戦略もなくただただプレシャーをかけて、担当者のしりを叩くだけという、人員が安定せず入れ替わりの激しい居心地の悪い環境である可能性が高いからです。

転職であれば人生の転機といっても過言ではありません。失敗しないためにも慎重な選択を心がけてください。